学会に参加するメリット

大学病院など比較的規模の大きい病院で働く看護師にとって、普段の仕事が第一に優先すべき大切な業務であることに違いありません。しかし意外に見落とされがちなのが、年に数度以上行われている各種学会へ参加するメリットです。
会合といっても様々な種類があります。医療系分野で見ると、専門の診療分野に特化した医師も参加するような学会もあれば、主に看護師を対象にした看護学分野のものもあります。規模で分類しても、非常に大人数参加型のものからちょっとした会議のようなものまで様々です。どのような形態であったとしても、参加することで得られるメリットは、共通していると思います。
メリットを二つ挙げるとすると、一つ目のメリットは学会に参加したり発表に向けて活動を行うことで、知識やキャリアアップが期待できるということです。大人数の前で発表するためには、予め計画し実施された研究結果がなければいけません。看護学においても、何かを調べると言う意識で仕事を行うことは、何も考えずに漫然と業務をこなすよりも、得られるものが違うと思います。
二つ目は、会合に参加すること自体のメリットです。国内や場合によっては海外の開催地を訪問し、他の参加者と交流することは想像以上に刺激が多く、また知的活動においてもいい効果をもたらします。会合で得られた知見が、直接普段の業務に反映出来るという場合も多いことでしょう。以上のようなメリットに着目し、積極的に学会へ参加することをお勧めします。

Leave a Reply